環境をアートする
ホームお客様とのお約束お取引についてお問い合わせ会社案内リンク
環境をアートする より良い生活環境のために
浄化槽維持管理業者のお客様へ 仮設トイレをお求めのお客様へ 学校関係のお客様へ
ホーム > 学校関係薬品販売部 >  防・除藻剤 > プールマン10
プールマン10 安心して使える防藻剤
25ppm.の投入で6~10ヶ月間、防藻OK!!
シーズンオフのプールは...
地域や天候状況によって、プールのシーズンオフはまちまちですが、その間の的確なメンテナンスは、来シーズンの快適な使用のためには絶対欠かせません。オフシーズンにプールに水を張ったまま放置すると、水生バクテリアや藻類発生の格好の場となります。水は生気を失い、すぐに汚れてしまいます。この汚れを安全に、しかも効果的に防止し、水の活性化を促進、持続させるのがプールマン10です。

  1. プールマン10の使用方法 水を張ったシーズンオフのプールに、25~40g/m3(0.0025~0.004%)の濃度になるようにプールマン10を投入し、そのまま放置します。1回の投入で6~10ヶ月間のシーズンオフのプールがメンテナンスフリーとなります。あとは、プール開き前にそのまま放流するだけです。

    水量とプールマン10の投入量
    保有水量(トン) 250~400 500~800 900~1,200 1,300~1,500
    投入量(kg) 10(1缶) 20(2缶) 30(3缶) 40(4缶)


  2. プールマン10にはこんなメリットがあります プール全体の美観の保持と事故防止に役立ち、プール自体の内壁、塗膜を傷めません。その上、消防水利にもなります。なによりも、シーズン直前の清掃が簡単に、安全にできます。

  3. プールマン10の決め手とは シーズンオフのプールでは、いろいろな藻類が繁殖していますが、これらは負の電荷を持っています。一方プールマン10は正の電荷を持っているため、藻類の表面に吸着し、その代謝を阻止し、繁殖を積極的に抑制したり、死滅させたりすることができます。
    防・除藻剤 プールマン10

  4. 効果の持続性が抜群! 次の表はプールマン10と塩素剤、硫酸銅の効果とその持続性について比較したものです。
    効 果 効果の持続性
    プールマン10 よく効く 6~10ヶ月/回
    塩 素 剤 よく効く 3~7日/回
    硫 酸 銅 あまり効かない 15~30日/回

  5. プールマン10の性状は タイプ:カチオン系
    pH:6~7(ただし製品の状態)
    溶解性:硬水、軟水に容易に溶解する
    安全性:小動物への急毒性  ddy系マウスLD50
    LD50(経口)
    プールマン10 10.0g/kg
    (参考) 酢 酸 3.3g/kg
    食 塩 3.0g/kg
    炭酸ナトリウム 4.2g/kg

    魚類への急毒性 ヒメダカ 24時間TLn  13ppm.

    不純物
    水銀、鉛、カドミウム、ヒ素、クロム、銅、マンガン、シアンいずれも検出限界以下。(分析方法JIS-K-0102)
    プール材質に対する影響
    現在、国内でプールに使用されている材質(コンクリート、金属、FRP、各種塗装など)にはまったく影響がありません。

    使用実績
    青森、岩手、宮城、秋田、山形、栃木、茨城、千葉、埼玉、群馬、東京、神奈川、山梨、静岡、愛知、三重、和歌山、大阪、兵庫、岡山、広島、鳥取、島根、山口、愛媛、徳島、香川、福岡、熊本、佐賀、長崎、鹿児島、沖縄、全国都道府県でシーズンオフ(6~10ヶ月間)に使用して成果をあげ、その成果は実証済みです。

    プールマン10 清掃方法
    清掃の仕方
    プールの両サイドで、その水深がヒザ下からくるぶし位になるまで排水します。その間、壁側の汚れをホースで洗い流します。排水によって新たに露出してくる内壁をその速度に合わせて放水で、または必要に応じてゴム製スイーパーで排出口へ向けて順次流します。プールの大きさや排水速度にもよりますが、通常の25mプールで大人2人で1~2時間で完了します。コツは内壁を乾かさないように洗う事です。


    ご使用上の注意
    シーズン中のプールには使用しないでください。
    シーズンオフにプールマン10を投入したあとは泳がないで下さい。
    シーズンオフにコイやフナなど魚類を飼っているプールには使用しないでください。
    プールマン10が衣類や皮膚に付いたり、目に入った時はすぐに洗い流してください。
    プールマン10 キュービテナー入り
    NET:10kg
    キュービテナー入り