環境をアートする
ホームお客様とのお約束お取引についてお問い合わせ会社案内リンク
環境をアートする より良い生活環境のために
浄化槽維持管理業者のお客様へ 仮設トイレをお求めのお客様へ 学校関係のお客様へ
ホーム > 学校関係薬品販売部 >  プールの水質基準
プールの水質基準
安全で清潔なプール水を維持するために、水質基準が定められています。

遊泳用プールの水質基準 厚生労働省通知(平成19年5月28日)
検査項目 水質基準 検査サイクル
遊離残留塩素濃度 0.4以上~1.0以下mg/L 毎日3回以上で、午前中1回以上、
午後に2回以上(うち1回はピーク時)
二酸化塩素濃度0.1以上~0.4以下mg/L
亜塩素酸濃度1.2mg/L以下
pH(水素イオン濃度)5.8~8.6月1回以上
濁 度プール水2度以下、
ろ過装置出口0.5度以下
(0.1度以下が望ましい)
月1回以上
過マンガン酸カリウム
消費量
12mg/L以下 月1回以上
大腸菌不検出月1回以上
一般細菌200CFU/mL以下月1回以上
総トリハロメタン暫定目標値 0.2mg/L以下年1回以上
レジオネラ属菌不検出
(気泡浴槽、採暖槽)
年1回以上


学校環境衛生基準 文部科学省通知(平成21年4月)
検査項目水質基準 検査サイクル
遊離残留塩素濃度0.4以上~1.0以下mg/L使用前及び使用中1時間ごと1回以上
pH(水素イオン濃度)5.8~8.6使用前1回
濁 度プール水2度以下、
ろ過装置出口0.5度以下
(0.1度以下が望ましい)
使用前1回:水中で3mはなれた位置から壁面が明確に見えることを確認
ろ過装置出口は1回/毎学年
大腸菌不検出30日を越えない範囲で1回以上
過マンガン酸カリウム
消費量
12mg/L以下
一般細菌200CFU/mL以下
総トリハロメタン0.2mg/L以下1回以上/試用期間中の適切な時間


15~30秒間で病原菌を殺すのに必要な塩素濃度(蒸留水中)
0.10mg/Lで死滅 チフス菌、赤痢菌、コレラ菌、ブドウ球菌
0.15mg/Lで死滅 ジフテリア菌、脳脊髄膜炎
0.20mg/Lで死滅 肺炎双球菌
0.25mg/Lで死滅 大腸菌、溶血連鎖球菌
0.41mg/Lで死滅 アデノウイルス(※プール水使用)

*東京都立衛生研究所ウイルス研究科:研究年報
(社団法人 日本プールアメニティ施設協会
「水泳プール総合ハンドブック」H21年5月初版より)
*レジオネラ属菌については、遊離残留塩素濃度を1日2時間以上0.2~0.4mg/Lに保つことが望ましいとされている。
(厚生労働省「循環式浴槽におけるレジオネラ症防止対策マニュアル」より)

プール水検査の試料採水地点
プール水の対角線上におけるほぼ等間隔の位置3箇所以上の水面下20cm及び循環ろ過装置の取入口付近を原則とする。