環境をアートする
ホームお客様とのお約束お取引についてお問い合わせ会社案内リンク
環境をアートする より良い生活環境のために
浄化槽維持管理業者のお客様へ 仮設トイレをお求めのお客様へ 学校関係のお客様へ
ホーム > 学校関係薬品販売部 >  プール消毒用塩素剤 > スターダイクロン
スターダイクロン
イソシアヌール酸系医薬品
スターダイクロンPG
(速溶性顆粒状)
有効成分:ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム
有効塩素:約60%
包装仕様:15kgダンボール箱入(1kg×15袋)
スターダイクロンNPT
(速溶性錠剤)
有効成分:ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム
有効塩素:約55%
包装仕様:15kgダンボール箱入(20g錠剤:1kg×15袋)

プール消毒用塩素剤 スターダイクロン

特長
速効性:投入後直ちに溶解し、殺菌効果を発揮します。
pH管理:溶解液はほぼ中性のため、pH管理が簡単です。
プール塗装への影響:直接プールに投入しても、プールの塗装や材質を傷める心配はありません。
貯蔵安定性:適切な保管であれば、長期間保存しても品質の低下はほとんどありません。
除藻:スーパークロリネーションの実施により除藻できます。

使用方法
  1. スターダイクロンは、プール水面へ均一に直接投入(散布)してください。
  2. 遊泳開始5~15分前にプール水量に応じた薬剤量を火気の表を参考にして、できるだけ均一になるよう投入(散布)してください。
  3. スターダイクロンは、プール本体に塗装やシートを施している場合でも、心配なくご使用いただけます。
  4. プール水の汚れや遊泳人数、天候等により殺菌消毒効果に差が出ますので、定期的に残留塩素濃度を測定し、常に基準値内(0.4~1.0mg/L)になるように補充量の加減をしてください。
  5. 休日又は夜間などのプールを使用していないときでも、残留塩素量を保持してください。
  6. 風の強い時や遊泳人数が多い場合にスターダイクロンPG(顆粒状)をご使用の際は、あらかじめポリバケツなどの容器内で水と攪拌し溶かしたものをプールへ散布してください。
  7. スターダイクロンPG(顆粒状)、スターダイクロンNPT(錠剤)のお取り扱いの際は、保護眼鏡、保護マスク、保護手袋のご着用をお願いします。
  8. スターダイクロンPG(顆粒状)、スターダイクロンNPT(錠剤)を開封後はできるだけ速やかに使い切ってください。


プール水の殺菌消毒使用量(残留塩素0.4mg/Lで4時間管理)
プール水量m3 スターダイクロンPG(顆粒状) g スターダイクロンNPT(錠剤) 錠
100 280~400 14~20
250 700~1,000 35~50
500 1,400~2,000 70~100
1,000 2,800~4,000 140~200
[標準使用量の計算例]
遊泳中に残留塩素が少なくなったときは、薬剤を補充してください。プール水量100m3当たり残留塩素を0.1mg/L上昇させる場合の薬剤補充量は約20gが目安となります。
水量500m3のプールの残留塩素濃度を0.4mg/L(0.4g/m3)あげる場合には
0.4mgL
0.1mgL
×20g×
500m
100m
400gが必要

≪警告≫
本剤は、強力な酸化剤(有機系塩素剤)ですので、次の事項をよく守ってください。

使用上の注意

してはいけないこと

混合禁止 無機系塩素剤(スタークロン、クリヤー、ハイクロン、トヨクロン、高度さらし粉、次亜塩素酸ソーダ液等)との混合は絶対にしないようにしてください。急激に有毒ガスが発生したり、爆発することがあります。
接触禁止 可燃物(火気、熱、酸、アルカリ、還元性物質、グリース類、油、ボロ布など)と直接触れさせないようにして下さい。爆発、発火することがあります。
詰替禁止 他の容器への詰替えをしないで下さい
高温吸湿 「ブロワー室、ポンプ室」等には絶対に置かないで下さい。
刺激性 眼、鼻、口に入らないようにしてください。
保護具 直接手で触れないで、ゴム手袋、保護眼鏡、マスク等をご使用ください

相談すること

次の場合は石に相談し診察を受けてください。
その際、本剤は「イソシアヌル酸系」であることを告げてください。
※誤って目に入った場合は、充分洗眼し、すぐに医師の診察を受けてください。
※誤って皮膚に付着した場合は、直ちに払い落としてから水道水で充分に洗い流してください。刺激が続くようであれば、医師の診断を受けてください。
※誤って飲み込んだ場合は、すぐに医師の診断を受けてください。

保管及び取扱上の注意

保管時 ※混合禁止:他の容器への詰め替えを避けてください。他の物質、特に無機塩素酸(スタークロン、クリヤー、ハイクロン、トヨクロン、高度さらし粉、次亜塩素酸ソーダ液等)と混合されると爆発の恐れがあります。同じ場所に置かないようにしてください。
※高温吸湿注意:吸湿しないように密閉し、冷暗所に貯蔵してください。雨漏りなどで濡らさぬ様、又高温を発する所(ボイラー室、ブロワー室、機械室及びストーブ、モーターの側など)に絶対置かないで下さい。急速な分解又は爆発の恐れがありますので充分注意してください。
※子ども忌避:子どもの手の届かないところに保管してください。本剤に触れたり、遊んだり絶対にさせないでください。
腐食性 本剤は金属を錆びさせますので、計量、溶解する際には、陶器、プラスチック、ホーロー、ガラス製のきれいな容器を用いてください。
廃棄時 汚れた本剤は元の容器に入れないで全量使い切って下さい。残量を廃棄するときは必ず多量の水に溶かしてチオ硫酸ナトリウムなどで中和してから捨ててください。又絶対に他の塩素剤と混ぜて廃棄しないで下さい。
火災注意 ゴミ箱やゴミ捨て場に絶対捨てないで下さい。火災が発生した場合は、現場から遠ざけて類焼を避けて下さい。消火の場合は多量の水をかけてください。
散布注意 プール水面に散布する場合は、遊泳を禁止してください。
衣類付着 衣類についたときは直ちに払い落とし、後で充分水洗いしてください。
水質管理 プール水を酸性にする性質があります。pHが低下した場合は、pH調整剤による中和を行ってください。
輸送時 他の物質、特に無機系塩素剤(スタークロン、クリヤー、ハイクロン、トヨクロン、高度さらし粉、次亜塩素酸ソーダ液等)とは、混載しないで下さい。又、輸送中乱袋などで本剤が露出した場合は、他の物質との接触を避け、乾いたプラスチックの容器に保管し、弊社までご連絡ください。



【南海化学株式会社:http://www.nankai-chem.co.jp/