環境をアートする
ホームお客様とのお約束お取引についてお問い合わせ会社案内リンク
環境をアートする より良い生活環境のために
浄化槽維持管理業者のお客様へ 仮設トイレをお求めのお客様へ 学校関係のお客様へ
ホーム環境事業部 >  殺虫剤 > バイオジェット
バイオジェット
新しいタイプの殺虫剤と2タイプ処理システムの組み合わせにより
チョウバエの幼虫と成虫を即効的・持続的に駆除します。
バイオポリスは管理技術者専用の殺虫剤です。
ムースタイプ
ムースタイプで約3mの強力噴射と広角噴射
エアゾールスプレー
ジェット式エアゾールで噴射ボタンを固定すれば、自動噴射
施工方法
標準施工量:処理能力が200m3/日以下の場合3本(300mL×3本)を基準としてください。よく振ってから必ず倒立で使用してください。

  • スクリーンユニット
    幼虫の発生している場所に散布してください。
  • 沈殿槽・3次処理槽
    スカムの前面および槽周囲の水際など幼虫のいる場所に散布してください。
  • 汚泥(貯留)槽
    汚泥の方面全体を覆うように散布してください。成虫対策としてスクリーンユニットや特に発生の多い槽には、空間処理用エアゾールを必ず併用してください。


使用上の注意
  • 散布は必ず水平よりも頭が下がった状態で使用してください。
    最後はなるべく倒立の状態で使い切ってください。
  • 体にかからないようにしてください。かかった場合はよく洗い落としてください。
  • 魚のいる池などに直接流れ込む場所での使用は注意して下さい。
施工方法
スクリーンユニットのある室内や、特にチョウバエの多い槽に使用してください。1本で約50m3までの空間に使用できます。

  1. 全量噴射
    ボタンを押し込んで回して固定し、床や物の上などに設置してください。設置の際は、部屋または槽を閉め切ってください。
  2. 部分噴射
    小さい槽や狭い空間には、ボタンを押して通常のエアゾールのようにスプレーしてください。(噴射後は同じく閉め切ってください。)壁面等に成虫が多い場合は直接噴射してください。


使用上の注意
  • 効果は密閉度により大きく左右されますので、室内や槽内の密閉度をなるべく高くして使用してください。
  • 換気装置などはできるだけ止め、隙間などは塞ぐようにしてください。
  • モーター等、火花が出る恐れのあるものに、直接かからないようにしてください。
  • 噴霧中および噴霧後最低10分間は、室内に入らないようにしてください。
  • 身体に薬液がかからないように、また薬液を吸い込まないように注意して下さい。
  • 薬液が身体についたときは石鹸でよく洗い流してください。
  • 目に入ったときは流水で水洗いし、眼科医の診療をうけてください。
  • 缶を逆さにして使用しないでください。
  • 万一身体に異常が起きた場合は、直ちに本品がピレスロイド系の殺虫剤であることを医師に告げて、診療を受けてください。


新次元の殺虫剤
主成分に羽化阻害作用がある、これまでとまったく違うニュータイプの殺虫剤を使用しています。
今までの殺虫剤では、効きにくかったチョウバエにも驚異的な効果を発揮します。
ムースとジェットで確実な効果
殺虫剤をムース(白色泡)タイプにすることにより、一目で散布が分かり撒き残しがなく、汚泥表面にいるチョウバエを確実に駆除します。
幼虫はムーススプレー施工によりサナギから成虫への羽化を阻害し、成虫は速効性のジェットスプレー処理により駆除しムースジェットのWパンチでチョウバエを確実にシャットアウトします。
ムースの優れた持続性
持続性の高いムースで殺虫効果が長時間汚泥表面に残りますので、これまでのものとは違い約3ヶ月の持続効果が期待できます。
高い安全性で環境に優しく
ムースにすることで殺虫剤は少ない量で済みますので、環境に優しいニュータイプです。
浄化機能にはまったく影響はありません。
もちろん人体に対しても極めて高い安全性をもっています。
バイオジェット 効力試験
バイオジェット チョウバエ